深夜における酒類提供飲食店営業

業務一覧

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書とは?

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書は、営業を開始する際に提出する書類です

具体的には、深夜に酒類を提供する飲食店が営業を始める際に、管轄する警察署長を経由して公安委員会に提出するものです。

深夜営業許可の取得方法

深夜営業許可の取得には、事前に地域の商業活動に関する規制を理解し、適切な申請を行う必要があります。まず、営業所の所在地を管轄する行政機関に問い合わせ、どのような許可が必要かを確認しましょう。多くの場合、警察署や市町村役場が窓口となります。申請には、営業内容や営業時間、施設の構造などに関する詳細な計画書の提出が求められることが一般的です。

必要書類と申請条件

深夜営業の許可を申請する際には、業種に応じた必要書類が必要となります。一般的には、事業者の身分証明書、事業所の賃貸契約書や土地の登記簿謄本、事業計画書、施設の配置図や安全管理計画などが必要です。また、近隣住民への周知や騒音対策など、特定の条件を満たす必要があることもあります。

深夜営業に関する法律やルールの把握

深夜営業には特有の法的規制が存在します。これには、騒音規制、安全基準、労働環境の保護などが含まれます。これらの法律やルールを正確に理解し、遵守することが業務の遂行において非常に重要です。違反すると罰金や営業停止の対象となることがあるため、法規制の詳細を把握し、それに従うようにしましょう。

当事務所では、申請に関する御相談に垣根を低くしてワンストップでご相談いただける事務所としてご提案をいたします。

お問い合わせ

    郵便番号(7桁半角数字ハイフンなし)

    住所
      


    電話にてご連絡する場合の希望時間
    (例:いつでも、平日午前中、○日18:00以降など)

    (メール暗号化SSLによって安全に送信されます)

    業務一覧